激動・日本左翼史「学生運動と過激派・1960~72」池上彰、佐藤優(講談社現代新書)

池上彰と佐藤優による左翼史の対談シリーズは3巻から成っているが、本書は第2弾で1960年から72年を扱っている。佐藤優は「学生運動が盛り上がり、セクト同士の内ゲバが激化し、過激派によるテロ事件が多発した時代だ。なぜ左翼は過激化と自滅の道を歩んでしまったのか。左翼の『失敗の本質』から学ぶべき教訓は山ほどあるが、何より自らの命を投げ出しても構わない、他人の命を奪うことにも躊躇しない『思想の力』の恐ろしさを知ることが大切だと考えている」と記している。
「序章・60年代前史」では、日本共産党と日本社会党に対する不満から生まれてきた新左翼の台頭が語られる。資料として添付されている「新左翼の組織系図」には、日本トロッキスト連盟、共産主義者同盟、社青同改革派、構造改革派から分かれていったいくつもの組織が描かれているが、その複雑さに唖然とする。これらの新左翼は、最終的に「反帝(解放派)全学連」「革マル派全学連」「中核派全学連」を生んでゆく。佐藤は「第2巻となる本書が取り扱うのは左翼運動が最高潮に達しながらその後急速な凋落を辿っていった時代にあたり、左翼史全体を通じても特に歴史の教訓に満ちた時代です」という。池上は「なぜ左翼は失敗したのか。この本では一貫してこの問いに立ち返ることになるでしょう。そして、左翼の顛末を歴史の教訓として総括することは、最も学生運動が盛り上がっていた1968年に大学生になった私の使命でもあります」という。
「第1章・60年安保と社会党・共産党の対立(1960~1965)」では岸内閣当時の日米安保闘争の盛り上がりと全学連の台頭が語られる。安保闘争を共産党は「反米闘争」だとしたのに対し、社会党と新左翼は「反岸政権闘争」だと考えた。社会党と新左翼はこの当時の日本政府のあり方を「かつてアジアを侵略した日本帝国主義もまた甦りつつある」と認識していたという。共産党と社会党との見解が分かれていく中、新左翼は「権力は暴力から生じるのだから暴力によらない革命などありえないと考えていました」という。この時代にはストライキが日常化した。処分覚悟で公務員もストに参加した。64年の4・17スト(ゼネスト)を巡って社会党と共産党が対立した。
「第2章・学生運動の高揚(1965~69)」では、60年安保闘争が新左翼にとって巨大な挫折だったことが語られる。安保闘争は大きな盛り上がりを見せるが、新安保条約は自動承認され、日米両国の批准書交換によって発効された。この結果を見た全学連の学生たちは大きな挫折感を味わったという。安保闘争後の学生運動は下火になるが、ベトナム戦争反対、学費値上げ反対闘争が起きていく。この闘争の中で「全学共闘会議」、全共闘が生まれる。67年の「第1次羽田事件」では京都大学の学生が死亡し、この事件をきっかけに新左翼のスタイルがヘルメットと角材(ゲバ棒)になっていったという。取り締まる警視庁の機動隊はジュラルミン楯を導入した。東大では医学部研修医の無給制への反発から東大闘争が起きていった。東大は機動隊を動員して対抗した。日大闘争も起きた。一般社会は過激な学生闘争を見て、左翼への共感が薄らいでいった。公明党、民社党が生まれ、社会党への支持が減っていく。68年当時、社会党員は5万人だったが、共産党員は40数万人いた。当初、新左翼と同調していた社会党は、新左翼の内ゲバ、過激化を受けて彼らと距離を置かざるを得なくなっていった。
「第3章・新左翼の理論家たち」まず、池上彰が慶應大学に入った当時の体験談が語られる。大学紛争によって東京教育大学、東大の入試が行なわれなかった年だ。池上は慶應大学で経済を学ぶが、セクトによるオルグも盛んだったという。本屋で「火炎瓶製造マニュアル」が買えた時代でもあった。革マルは革命的暴力論を掲げた。革マル派の理論家、黒田寛一は旧国鉄の労組組合員だった松崎明と出会い、国鉄動力車労働組合(動労)と結びつく。松崎は黒田に次ぐ革マル派のナンバー2となる。革マル派は令和4年においても5500人の勢力を持っているという。佐藤と池上は、ブント、革共同などの理論について語り合う。
「第4章・過激化する新左翼(1970年~)」この章では自壊しテロリズムに走る新左翼の姿が語られる。ベトナム戦争反対運動が起きた68年10月、新左翼党派による「新宿騒乱事件」が起きる。4000人の新左翼学生が新宿駅周辺を占拠し、1万人以上の群集を巻き込んだ大騒動となった。69年、沖縄返還交渉阻止を目的として2万人近くの新左翼学生たちが火炎瓶、鉄パイプ、角材で武装して機動隊と対立した。新左翼の過激化を受けて、自民党は議席を増やし、社会党は議席を減らした。新左翼活動家は過激さを競うようになり、「赤軍派」「京浜安保共闘」が生まれた。銀行襲撃を繰り返した赤軍派と、銃砲店襲撃を繰り返していた京浜安保共闘は互いの利益を一致させて「連合赤軍」となっていく。70年には北朝鮮への亡命を目的とした「よど号ハイジャック事件」が起きた。連合赤軍は「あさま山荘事件」を起こした。事件直前、主要メンバー29人は山岳ベースでの合同軍事訓練を行なったが、内ゲバが繰り返され、12名が殺害されていた。また、「日本赤軍」が生まれ、パレスチナ過激派と組んで国際テロを行なった。佐藤と池上は、非常に優れた頭脳を持っていた学生たちが極左化し、殺人やテロを繰り返すようになっていった暗黒の歴史を振り返り、そうなっていった原因について語り合う。2人の対談は第3巻へ続いていく。

この記事へのコメント