牛首村(22年公開DVD)

usikubi.jpg

清水崇監督による心霊スポット・ホラー第3弾。富山県の心霊スポット・坪野鉱泉。廃墟となったホテルに忍び込んだ女子高生3人が動画を撮影中、仲間の一人が突然消える。消えたのは詩音(koki)。その動画を見つけて驚いたのが、東京の高校生、香月蓮(萩原利久)。詩音の顔が、雨宮奏音(koki・二役)とそっくりだったのだ。父(田中直樹)と暮らす奏音は、不思議な体験をしていた。左手首に傷ができ、携帯から女の泣く声が聞こえていた。蓮に誘われて、奏音は富山へ。そこには、牛の首にまつわる伝説が待っていた。牛首の呪いをかけられた者は謎の死を遂げていたのだ。2人は坪野鉱泉へ。2人は不可解な体験をしながら、消えた詩音とつきあっていた将太(高橋文哉)と知り合う。将太は2人を詩音の家に連れていく。そこで待っていたのは、奏音の父、そして死んだはずの母親(堀内敬子)だった。奏音は、そこで牛首村の伝説を知る。古くから村では双子が忌み嫌われていた。双子のうち一人を7才になると、深い穴に落としていたのだ。その穴には、7才で殺されていった子どもたちの怨念が篭っていた。その穴の底から、助けを求める女の声…それは、かつて奏音の祖母の代わりに村人によって穴に落とされて殺された妹の怨念の声だった…。後半になるとバタバタと人が死んでいく。牛首の呪いだろうか。牛首がすべて被り物になっていて、デジタル時代にはそぐわない気もする。

この記事へのコメント