大怪獣のあとしまつ(22年公開DVD)

庵野秀明総監督「シン・ゴジラ」は、ゴジラ撃退に対処する政権内部の混乱を描いて大ヒットした。三木聡脚本・監督の「大怪獣のあとしまつ」にも似たような構図が見て取れる。予告編に「日本では数多くの怪獣が倒されてきたが、この映画はそのあとしまつを描く初めての作品」と謳ってあるが、その着眼点には感心する。この作品は東映・松竹が初めて共同で製…
コメント:0

続きを読むread more

355(22年公開DVD)

タイトルの「355」は、南北戦争の時に活躍した女スパイの暗号名だという。コロンビアのマフィアの息子は天才で、世界で一つしかない「万能デバイス」を発明した。裏社会の投資家がそれを買いに来る場面から始まる。コロンビアの諜報組織がそれを察知していて、取引場所を急襲する。多くが殺害された後、工作員の男がデバイスを盗む。男はそれをパリで売…
コメント:0

続きを読むread more

燃えよ剣(21年公開DVD)

新型コロナの蔓延によって、シルバー世代が支えて来た劇場映画の興行力が落ちてしまった。近年制作された時代劇は時期を待って公開されたが、興行成績は芳しくなかった。司馬遼太郎原作、原田真人脚本・監督の「燃えよ剣」も大きな打撃を受けた作品だ。終盤の五稜郭の戦いを見ても、多数のエキストラと火薬を使い、映画らしいスケール感を出しているし、池…
コメント:0

続きを読むread more